ADSL接続サービス
 

nkansai BB ADSL接続サービスに対するよくあるご質問の回答集です。
インデックス
DSLについて サービス内容について 申し込み、手続について
料金について DSLモデムについて その他
DSLについて
 
Q1. DSLとは何ですか?
Q2. スプリッタとは何ですか?
Q3. 他社のDSLサービスとの違いは?
Q4. 通信速度はどのくらいでるのでしょうか?
Q5. DSLモデムはどこで入手できるの?
Q6. DSLに利用できる回線は?
Q7. DSLを導入する為の工事は何をするの?
Q8. 電話収容局から距離があるのですが大丈夫?
Q9. ISDNの干渉は大丈夫ですか?
Q10. ドアホン、ホームテレホンを利用しているのですが大丈夫?
Q11. 自動検針システムを利用しているのですが大丈夫?
Q12. 警備システムを利用しているのですが大丈夫?
Q13. ACRアダプタは利用できるのでしょうか?
Q14. ダイアルアップはできますか?
Q15. 電話着信時の障害は解消できますか?
Q16. ピンク電話の利用はできますか?
Q17. HomePNAは利用できますか?
Q18. 複数の電話機を接続できますか?
Q19. PBXの利用はできますか?
Q20. マイラインは利用できますか?
Q21. 通話中にADSLサービスは使えますか?
Q22. DSLは利用できないことがあるの?
[TOPへ戻る]
Q1. DSLとは何ですか?
DSL(Digital Subscriber Line)とは、メタルによる回線を使ってブロードバンド(広帯域)を提供する技術です。 弊社では、ADSLというDSL技術の1つを採用しています。

ADSLは電話機能を使いながらでも、インターネット常時接続で大容量のデータの受信と送信ができます。

注)インターネット(タイプ2)回線では電話機能(通話)はご利用いただけません。

[TOPへ戻る]
Q2. スプリッタとは何ですか?
DSLを使っている電話回線は、DSLと電話の周波数帯域が混在しています。
DSLと電話の帯域を分けてDSL通信と電話機能を利用するための機器です。

お客さまには1個をレンタルしています。 複数個必要な場合は、電器店などでお求めいただくことができます。

注)インターネット(タイプ2)回線では電話機能(通話)はご利用いただけません
注)スプリッタをお求めの際は、弊社対応のものをお選びください

[TOPへ戻る]
Q3. 他社のDSLサービスとの違いは?
弊社では、日本の規格に合ったADSL(Annex-C.X)を採用しているので安定した情報通信が可能です。
速度も規格で、最大の受信12Mbps、送信1Mbpsで提供しているサービスがあります。
その上、安い値段で提供しています。

注)通信速度はベストエフォートです。

[TOPへ戻る]
Q4. 通信速度はどのくらいでるのでしょうか?
物理速度で受信12Mbps、送信1Mbpsで提供しています。
しかし、DSLは高周波数を使っている技術ですので、干渉や減衰を受けやすい性質を持っています。
放送波や電磁波などの影響、電話回線の距離、電話回線の品質などのお客さまが利用される電話回線の環境によって、通信速度が変わってきます。

それぞれの環境がどれだけ通信速度に影響を及ぼすか複雑で不明な点が多いために、実際にDSLを導入しない限り事前に通信速度は分かりません。

注)環境によっては通信できない恐れもあります。

[TOPへ戻る]
Q5. DSLモデムはどこで入手できるの?
弊社では確実に通信を行っていただくために、弊社指定のADSLモデムをレンタルまたは買取りでお客さまに提供しています。
DSLモデムは電話収容局内の弊社機器と対向で通信を行うので、お客さまが用意されたものでは通信を行えない場合があります。

nkansai BB指定
12Mbps ADSLモデム
(Annex-C.Xタイプ)
15,800円(税込16,590円)
お買い求めは、北関西ジャパンネットサービス取次店様または北関西ジャパンネットまでお問合せ下さい。

DSLモデムのレンタル料金は月額600円(税込630円)をお支払いただきます。

※金額は2002年9月現在

[TOPへ戻る]
Q6. DSLに利用できる回線は?
NTT西日本が提供しているメタル品質のみの加入電話アナログ回線のみとなります。 INSネット64などのISDN電話回線はアナログ電話回線への変更が必要となります。
INSネット64ライトや他の回線は、NTT西日本がDSLの利用を認めていないためご利用いただけません。

加入電話をお持ちでないお客様については、施設設置負担金(72,000円(税込75,600円))が不要な加入電話ライト回線やインターネット(タイプ2)回線の利用をお勧めします。
また、DSL機器を電話回線に接続するためには、電話線の口がモジュラージャック型である必要があります。
ローゼット型などの場合は、お申込前にNTT西日本へお問合せいただき交換してください。

以下は、ADSLに利用できない、その恐れ、改善の必要がある回線と加入電話サービスです。

  • 光収容されている回線
  • 回線の品質の悪い回線
  • 放送波の影響を大きく受ける回線
  • ISDN回線(アナログ回線への変更が必要です)
  • INSネット64回線の付加サービスダイヤルインの追加番号サービス
  • オフトーク通信サービス(NTTの情報提供センターから地域や生活に関する各種情報を提供するサービス)
  • 信号監視サービス(お客様宅内から常時送出される監視信号をNTTの信号監視検出装置で監視し、トラブルなどが発生すると指定先に通知するサービス)
  • ノーリンギング通信サービス(電気・ガス・水道などの検針を自動遠隔操作で行うサービス)
  • キャプテンサービス
  • 着信専用電話、ピンク電話
  • 回線自動選択装置(ACR)

注)DSL導入の為の工事を行っても通信できない恐れがあります
注)インターネット(タイプ2)回線は引き込み工事と費用が別途発生します
注)インターネット(タイプ2)回線では電話機能(通話)はご利用いただけません
※ 金額は2002年4月現在

[TOPへ戻る]
Q7. DSLを導入する為の工事は何をするの?
アナログ電話回線でお申し込みの場合は、弊社がNTT西日本に依頼する電話収容局内の局工事とお客さまの電話回線にDSLモデム等の設置を行う必要があります。
INSネット64回線でお申し込みの場合は、局工事の前にお客さまからNTT西日本へ依頼していただくアナログ回線への変更の工事が必要となります。
この工事は電話収容局内で行います。
電話の停止や建物の工事は発生しません。

インターネット(タイプ2)回線でお申し込みの場合は、局工事の前に弊社がNTT西日本に依頼するインターネット(タイプ2)回線の敷設工事が発生します。
工事当日はお客様の立会いやビル・集合住宅ですとMDFの開放が必要になります。
引き込みのための工事費用は、実費(標準で10,000円前後)をNTT西日本から請求されます。

注)建物内の構内配線が特殊な場合や構内配線工事区分がNTT西日本以外の業者ですと別途配線工事・費用が発生する場合があります。

[TOPへ戻る]
Q8. 電話収容局から距離があるのですが大丈夫?
DSLは高周波数を使っている技術ですので、干渉や減衰を受けやすい性質を持っています。
電話収容局から電話機設置場所までの回線の距離に比例して減衰が生じる以外に、放送波や電磁波などの影響、電話回線の品質などのお客さまが利用される電話回線の環境によって、通信速度が変わってきます。

それぞれの環境がどれだけ通信速度に影響を及ぼすか複雑で不明な点が多いために、実際にDSLを導入しない限り事前に通信速度は分かりません。

注)環境によっては通信できない恐れもあります。

[TOPへ戻る]
Q9. ISDNの干渉は大丈夫ですか?
DSLは高周波数を使っている技術ですので、干渉や減衰を受けやすい性質を持っています。
弊社で採用しているDSLは日本の規格(Annex-C.X)であるために、ISDN(INSネット64)回線の干渉の影響を受けづらくはなっています。
しかし、ISDNの干渉の問題以外に、放送波や電磁波などの影響、電話回線の距離、電話回線の品質などのお客さまが利用される電話回線の環境によって、通信速度が変わってきます。

それぞれの環境がどれだけ通信速度に影響を及ぼすか複雑で不明な点が多いために、実際にDSLを導入しない限り事前に通信速度は分かりません。

注)環境によっては通信できない恐れもあります。

[TOPへ戻る]
Q10. ドアホン・ホームテレホンを利用しているのですが大丈夫?
ドアホン・ホームテレホン機能が電話回線を利用していると問題がある場合があります。

DSLを使っている電話回線は、DSLと電話の帯域が混在しています。
ドアホン・ホームテレホン機器にDSLの帯域が流れるようですと、ドアホン・ホームテレホンや電話機能、DSL通信などに障害を起こします。

ドアホン・ホームテレホンの販売店・製造元やビル・集合住宅の管理事業者などへご相談ください。

ドアホン・ホームテレホン機能にDSLの帯域が流れる前にスプリッタを接続いただくか、ドアホン・ホームテレホン機能のない電話回線を引いていただくか、インターネット(タイプ2)回線でお申し込みいただくことをお勧めします。

注)インターネット(タイプ2)回線では電話機能(通話)はご利用いただけません。

[TOPへ戻る]
Q11. 自動検針システムを利用しているのですが大丈夫?
ガス、水道、電気などの自動検針システム(ノーリンギング)が電話回線を利用していると問題がある場合があります。

DSLを使っている電話回線は、DSLと電話の帯域が混在しています。
自動検針システムにDSLの帯域が流れるようですと、自動検針や電話機能、DSL通信などに障害を起こす恐れがあります。

自動検針システムを提供している事業者や・集合住宅の管理事業者などへご相談ください。

DSLに対応した自動検針システムに変更していただくか、自動検針システムにDSLの帯域が流れる前にスプリッタを接続いただくか、自動検針システムのない電話回線を引いていただくか、インターネット(タイプ2)回線でお申し込みいただくことをお勧めします。

注)インターネット(タイプ2)回線では電話機能(通話)はご利用いただけません。

[TOPへ戻る]
Q12. 警備システムを利用しているのですが大丈夫?
警備システムが電話回線を利用していると問題がある場合があります。

DSLを使っている電話回線は、DSLと電話の帯域が混在しています。
警備システムにDSLの帯域が流れるようですと、警備システムや電話機能、DSL通信などに障害を起こす恐れがあります。

警備システムを提供している事業者や・集合住宅の管理事業者などへご相談ください。

DSLに対応した警備システムに変更していただくか、警備システムにDSLの帯域が流れる前にスプリッタを接続いただくか、警備システムのない電話回線を引いていただくか、インターネット(タイプ2)回線でお申し込みいただくことをお勧めします。

注)インターネット(タイプ2)回線では電話機能(通話)はご利用いただけません。

[TOPへ戻る]
Q13. ACRアダプタは利用できるのでしょうか?
ACR装置(自動回線選択装置)を電話回線に利用していると問題がある場合があります。

DSLを使っている電話回線は、DSLと電話の帯域が混在しています。 ACR装置にDSLの帯域が流れるようですとDSL通信などに障害を起こす恐れがあります。

ACR装置を提供している事業者、電話事業者などへご相談ください。

DSLの帯域がACR装置へ流れる前に、スプリッタを接続するようお勧めします。

[TOPへ戻る]
Q14. ダイアルアップはできますか?
一般電話共用回線(タイプ1)であれば、スプリッタの電話側の電話回線をアナログモデムと接続することでダイアルアップすることができます。
弊社のアクセスポイントにダイアルアップ接続する場合は、ダイアルアップ付(タイプA)のサービスをご利用いただく必要があります。

パソコン通信や中央競馬会のPAT投票などの利用が可能と思われます。 しかし、ADSLサービスを利用しないNTT西日本の電話回線サービスの利用となるので通話料などが発生します。

[TOPへ戻る]
Q15. 電話着信時の障害は解消できますか?
保安器によっては電話着信時にADSLサービスの接続が切断する現象が発生する場合があります。
このような障害を取り除く為には、保安器の交換の工事が必要となります。

ご連絡いただければ弊社(関西BB社経由)からNTT西日本へ保安器の交換工事を依頼しております。
工事当日はお客様の立会いやビル・集合住宅ですとMDFの開放が必要になります。
引き込みのための工事費用7,300円(税込7,665円)は弊社がNTT西日本に代わって請求いたします。

注)建物内の構内配線が特殊な場合や構内配線工事区分がNTT西日本以外の業者ですと別途配線工事・費用が発生する場合があります。
※ 金額は2002年4月現在

[TOPへ戻る]
Q16. ピンク電話、着信専用電話の利用はできますか?
NTT西日本が提供しているメタル品質のみの加入電話アナログ回線のみとなります。
ピンク電話、着信専用電話の回線は、NTT西日本がDSLの利用を認めていないためご利用いただけません。

加入電話をお持ちでないお客様については、施設設置負担金(72,000円(税込75,600円))が不要な加入電話ライト回線やインターネット(タイプ2)回線の利用をお勧めします。

注)DSL導入の為の工事を行っても通信できない恐れがあります。
※ 金額は2002年4月現在

[TOPへ戻る]
Q17. HomePNA、HomeRunは利用できますか?
HomePNA(またはHomeRun)が電話回線を利用していると問題がある場合があります。

HomePNAはDSLと同様に電話回線を利用した高速通信技術です。
HomePNAを提供している事業者やビル・集合住宅の管理事業者などへご相談ください。

HomePNAのシステムのない電話回線を引いていただくか、インターネット(タイプ2)回線でお申し込みいただくことをお勧めします。

注)インターネット(タイプ2)回線では電話機能(通話)はご利用いただけません。

[TOPへ戻る]
Q18. 複数の電話機を接続できますか?
DSLを使っている電話回線は、DSLと電話の帯域が混在しています。 DSLと電話の帯域を分けてDSL通信と電話機能を利用するためのスプリッタが必要になります。

お客さまには1個をレンタルしています。
複数個必要な場合は、電器店などでお求めいただきモジュラージャックへの接続をお願いします。

注)インターネット(タイプ2)回線では電話機能(通話)はご利用いただけません。
注)スプリッタをお求めの際は、弊社対応のものをお選びください。

[TOPへ戻る]
Q19. PBXの利用はできますか?
ビジネスホン、ボタン電話、0発信電話などの電話回線を利用していると問題がある場合があります。

DSLを使っている電話回線は、DSLと電話の帯域が混在しています。
ビジネスホン、ボタン電話、0発信電話などの電話回線網では交換機(PBX)が存在しています。
その交換機にDSLの帯域が流れるようですと、電話機能、DSL通信などに障害を起こします。

ビジネスホン、ボタン電話、0発信電話の販売店・製造元やビル・集合住宅の管理事業者などへご相談ください。

交換機にDSLの帯域が流れる前にスプリッタを接続いただくか、交換機に収容されない電話回線を引いていただくか、インターネット(タイプ2)回線でお申し込みいただくことをお勧めします。

注)インターネット(タイプ2)回線では電話機能(通話)はご利用いただけません。

[TOPへ戻る]
Q20. マイラインは利用できますか?
特に問題はございません。

マイライン(電話会社選択サービス)、マイラインプラス(電話会社固定サービス)は、電話の通話機能を利用する際に電話会社をあらかじめ選ぶためのサービスとなっております。
DSLサービスは電話回線を利用していますが、通話機能について制約を設けていません。
いずれの電話会社を登録されても、また登録を行わなかった場合でも、弊社DSLサービス、弊社料金には影響はございません。

[TOPへ戻る]
Q21. 通話中にADSLサービスは使えますか?
タイプ1(電話共用タイプ)をご利用になる場合、電話と同時にADSLサービスのご利用が可能です。

注)通話料はNTT西日本から請求されます。
注)DSLによる通信に通話料はかかりません。

[TOPへ戻る]
Q22. DSLは利用できないことがあるの?
DSLの特性上、手続や工事を行っても利用できない場合があります。
それは、手続や工事が完了して通信を試してみなければ分かりません。
[TOPへ戻る]
nkansai BB ADSLトップページ よくあるご質問と回答(インデックス) 北関西ジャパンネット