nkansaiハイビジョン映像サーバーサービス
サービス用語

サービスのご案内
ご利用料金
サービス利用申込み
エンコードサービス
お問い合わせ
配信概要図
映像公開方法
サンプル映像
サービス用語
画面サイズ比較
ご利用者リンク

メールでのお問合せ
info@mxa.nkansai.ne.jp

※当サイト内の映像等の著作権はすべてnkansaiが有しており、無断な再利用は禁止です。



nkansaiハイビジョン映像サービス関係の用語説明
nkansaiハイビジョン映像サービスをご利用いただくに際して、使い慣れない用語の説明をまとめてみましたのでご利用下さい。


ストリーミングとは
ストリーミングとは、主に音声や映像などのマルチメディアファイルを再生する方式の一種です。
通常、ファイルはダウンロード後に開く作業をしますが、映像などの大きいサイズのファイルを再生する際には非常に時間がかかるため、ファイルをダウンロードするのと同時に、再生をすることにより、待ち時間が大幅に短縮する。この方式を大まかに「ストリーミング」と称します。
[TOPへ戻る]


ストリーミングとダウンロードの違い
ストリーミングとは、インターネット上にある映像データを転送しながら再生する事に対しダウンロードは、映像データを100%転送しないと再生できません。つまり映像データが大きくなればなるほど、再生が始まるのに時間を要します。
[TOPへ戻る]


ビデオ オンデマンドとは
視聴者が観たいときに、観たい映像を配信するサービス。「Video On Demand」を略して、VODと呼ばれることもあります。  現在のテレビ放送では、放送局から一方的に映像が配信されており、視聴者側では、放送局側のスケジュールに合わせて映像を観るしかないですがこれに対しVODでは、視聴者側が配信開始時間や配信映像を指定し、視聴者側の都合で配信を受けられます。このようにVODでは、視聴者側から放送局側への情報送付が必要なことから、視聴者と放送局の間でインターネット等の双方向通信で有る必要があります。
[TOPへ戻る]


ビットレートとは
1秒あたりに転送するデータ量を表します。この数値が大きくなればなるほど、高品位・高画質の映像となります。なお、視聴するにはコンテンツに記載されているビットレート以上の回線の実速度が必要となります。 これ以下の回線ですと、静止画になったり、コマ落ちしてしまいます。例えば、4Mbpsですと常時4Mbps以上やりとりできる回線が必要となります。(高ビットレートを視聴するには、高スペックのパソコンが必要です。)
[TOPへ戻る]


フレームレートとは
1秒あたりにどれだけの静止画(フレーム・コマ数)で構成されているかを表します。単位はfpsとなります。例えば、TVだと30fps、映画は24fpsとなります。この値が大きいほど滑らかな映像となりますが、データ量が増加します。
[TOPへ戻る]


WindowsMedia方式とは
マイクロソフト社が開発したストリーミング配信規格。再生用プレーヤーとして「Windows Media プレーヤー」があり、サーバから配信したストリーミングを受信再生できます。再生用プレーヤーはWindows版とMacOS版があり、Windows版は無償バンドルされています。 MacOS版は、無料ダウンロード版が利用できます。ここ数年でメジャーなストリーミング配信規格となりました。
[TOPへ戻る]


nkansaiハイビジョン映像サーバーサービス 北関西ジャパンネット