平成13年11月15日更新
北関西ジャパンネット
北関西情報通信株式会社
<info@mxa.nkansai.ne.jp>

 多くの方から、定額24時間IP接続サービス「つなぎっぱなし64」、「フレッツ・ISDN」についてのお問い合せをいただいております。
 いただいたご質問をまとめたQ&A集を作りました。
「つなぎっぱなし64」、「フレッツ・ISDN」ご利用の参考にして下さい。

  • サービス提供エリアは何処?
    「つなぎっぱなし64」を利用するには、NTT西日本が提供する「フレッツ・ISDN」サービスができることが絶対的条件です。
    平成13年11月15日現在では、下記の市町で対応しています。
      京都府 福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、三和町、夜久野町、大江町、
      加悦町、岩滝町、伊根町、野田川町、峰山町、大宮町、
      網野町、丹後町、弥栄町、久美浜町
      兵庫県 神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市、明石市、加古川市
      豊岡市、西脇市、篠山市、城崎町、竹野町、但東町
    が提供エリアの予定になっています。
    なお、同じ「市内」であってもISDN未提供エリアやフレッツ・ISDN未対応局番の場合、利用できません。

  • 実際は、いつから使えるのか?
    NTTが提供されている兵庫県下及び京都府下の提供エリアになります。

  • 現在のダイアルアップ接続との関係は?
    現在のダイアルアップ接続サービスとは全く別の契約になります。
    現在の接続サービスは「利用者」との契約になり、弊社発行のIDとパスワードを使えば、全国何処からでも当ネットのアクセスポイントにダイアルアップ接続することができます。(電話代は必要)
    「つなぎっぱなし64」は、NTT「フレッツ・ISDN」サービスの利用が前提になりますが、「フレッツ・ISDN」は「電話回線でのサービス契約」(テレホーダイのように)になります。したがいまして、デスクトップパソコンのように自宅或いは事業所で「固定的」な利用には適していますが、モバイル的に利用される場合は、従来のダイアルアップ接続サービス契約或いは「つなぎっぱなし64W(ダブル)」または「つなぎっぱなしSOHO」が必要になります。
    現在、ダイアルアップ契約をしていただいている方については、契約変更ができます。但し、当ネットアクセスポイントへのダイアルアップ接続はできなくなります。(つなぎっぱなし64W・つなぎっぱなし64SOHOを除く。)また、年一括払いの場合、差額返金はできません。次回の更新までは継続利用という形になります。

  • 実際の料金はどうなるの?
    従来のような、使えば加算される電話料金は必要ありません。
    24時間使っても使わなくても
      ISDN基本料金+2,900円(フレッツ・ISDN使用料)がNTTに
      1,600円(つばぎっぱなし64)が弊社に対して必要になります。
    今まで、1ヶ月に2,900円以上の電話料金を使っておられた方や事業所では電話代を気にしなくてもよくなります。

  • どこのプロバイダーでも使えるの?
    フレッツ・ISDNは、NTTがプロバイダーに対してインターネット利用環境の整備を行って提供するネットワーク網で「地域IP網」なるものが全国の都道府県毎に作られます。
    この地域IP網と接続するプロバイダーと契約しておれば利用することが可能です。
    弊社の場合ですと、豊岡−神戸間をATMメガリンクで、福知山−京都間をDA1500光ファイバー回線で接続しています。
    これを、さらに現在の21Mbpsネットワークと接続してサービスを提供します。

フレッツ・ISDNに関する情報は出来る限り公表できる範疇(NTTとの契約により出来ないものもあります)については、皆様にお知らせします。

「つなぎっぱなし64」・「フレッツ・ISDN」サービス乗換ご案内
URL : https://www.kansai.ad.jp/tsunagi/index.asp


北関西ジャパンネット TOPへ